第18巻 
神仙道雷火水穣難呪禁符篆傳 
■目次■
第一編 神仙道雷火水穣難呪禁符篆眞傳之巻
  穣雷災符篆の謹作秘傳/穣雷災呪禁修法秘傳/穣雷災符篆結界鎮護秘傳
  家宅穣雷災符篆の霊験/肌身穣雷災符篆の霊験/不慮雷災避穣の呪禁秘傳
  雷災無符穣の呪禁秘傳
第ニ編 神仙道穣火難符篆眞傳之巻
  穣火難符篆の謹作秘傳/穣火難呪禁修法秘傳/穣火難符篆結界鎮護秘傳
  近火難避穣の呪禁秘傳/近火危急穣難の呪禁秘傳/無符鎮火穣難の呪禁秘傳
  遠隔鎮火穣難の呪禁秘傳/穣火難朝夕祈念呪禁秘傳
第三編 神仙道穣水難符篆眞傳之巻
  穣水難符篆の謹作秘傳/穣水難呪禁修法秘傳/穣水難符篆家宅船艦結界鎮護秘傳
  家宅水難避穣の呪禁秘傳/航海河水難避穣の呪禁秘傳
特別附録
  霊能試験神変呪禁秘術集

本書は神仙界直傳の霊符や修業方法が詳述されている極めて貴重な書籍です。
表面上の記述としては「雷除け」や「火難除け」の要素が多いとお思いかもしれませんが、その裏には神仙界直傳ならではの奥儀が隠されております。
勿論、普通に読んでいただけではその奥儀にお気づきになることは容易ではございません。表面に書かれた内容を正しく「審神」し吟味し、その奥底に流れる神仙界の琴線に触れられた方は本書の本当の存在意義を明らかに出来る方なのです。
而し残念ながらその域まで達する為には本書だけを読んでいたのでは殆ど不可能と云えましょう。類書を数多く読破し、本シリーズの他書を繰返し読む事で正しい神仙界に少しでも近づけた方のみが本書の眞意を理解出来るものなのだと存じます。
本書は勿論、一般向けに書かれておりますのでその書かれたことのみを実践するだけでも多大な効験が現れるのは云うまでもございません。

本書には神仙界直傳の眞の「霊符(眞陽・眞陰)」及び「呪文」が多数載っておりますので眞の神法を欲する方にとっても肌身離さず持っておきたい必須の本と云えましょう。

本書は密教色が非常に強いことが特徴であり、神仙道を歩む者にとって敬遠されがちな記述となっております。密教色が強いと云うよりも紫龍先生が佛仙系色が強い傾向がございますのでそのような記述となっております。
尚、本書でも「九字」が出て参りますが、密教のそれではなく神仙系の眞の九字です。この九字は宮地神仙道の九字と一致するものです。


戻る