太上感応経


 太上曰、禍福無門、唯人自召、善悪之報、如影随形、是以天地有司過之神、依人所犯軽重、以奪人算、算減則貧耗、多逢憂患、人皆悪之、刑禍随之吉慶避之、悪星災之、算盡則処、又有三台北斗神君、在人頭上、録人罪惡、奪其紀算、又有三尸神、在人身中、毎到庚申日、輒上詣天曹、言人罪過、月晦之日、竈神亦然、凡人有過、則奪紀、小則奪算、其過大小、有数百事、欲求長生者、先須避之、是道則進、非道則退不履邪徑、不欺暗室、積徳累功、慈心於物、忠孝友悌正己化人、矜孤恤寡、敬老懐幼、昆蟲艸木、猶不可傷宜憫人之凶、楽人之善、濟人之急、救人之危、見人之得、如己之得、見人之失、如己之失、不彰人短、不衒己長遏悪揚善、推多取少、受辱不怒、受寵若驚、施恩不求報與人不追悔、所謂善人、人皆敬之、天道祐之、福禄随之、衆邪遠之、神靈衛之、所作必成、神仙可冀、欲求天仙者、當立一千三百善、欲求地仙者、當立三百善、苟或非義而動、背理而行、以悪為能、忍作残害、陰賊良善悪侮君親、慢其先生、叛其所事、誑諸無識、謗諸同学、虚誣詐偽、攻許宗親、剛強不仁、狠戻自用、是非不當、向背乖宜、虐下取功、諂上希旨、受恩不感、念怨不休、軽蔑天民、擾乱國政、賞及非義、刑及無辜、殺人取財、傾人取位誅降戮服、貶正排賢、凌孤逼寡、棄法受賂、以直為曲、以曲為直入軽為重、見殺加怒知過不改、知善不為、自罪引他、壅塞方術、謗謗聖賢侵道徳、射飛逐走、蟄驚棲、填穴覆巣、傷胎破卵、願人有失毀人成功、危人自安、減人自益、以悪易好以私廃公、窃人之能、蔽人之善、形人之醜、訐人之私、耗人貨財、離人骨肉、侵人所愛助人為非、逞志作威辱人求勝、敗人苗稼、破人婚姻、苟富而驕、免無恥、認恩推過、嫁禍売悪沽買虚誉、包貯険心、挫人所長、護己所短、乗威迫脅縦暴殺傷無故剪裁、非禮烹宰、散棄五穀、労攘衆生、破人之家、取其財寶、決水、放火、以害民居、紊乱規模、以敗人功、損人器物、以窮人用、見他栄貴、願他流貶、見他富有、願他破散、見他美色、起心私之、負他貨財、願他身死干求、不遂便生呪恨、見他失便、便説他過、見他體相不具、而笑之、見他才能可称、而抑之埋蟲厭人、用薬殺樹、恚怒師傳、抵觸父兄、強取強求、好侵好奪、虜掠致富、巧詐求遷、賞罰不平、逸楽過節、?虐其下、恐嚇於他、怨天尤人、訶風罵雨、闘合争訟、妄逐朋党、用妻妾語、違父母訓、得新忘故、口是心非、貪冒於財、欺罔其上、造作悪語、讒毀人称直、罵神称正、棄順效逆、背親向疎、指天地以證鄙懐、引神明而鑑猥事、施與後悔、假借不還、分外営求、力上施設、淫慾過度、心毒貌慈、穢食餧人、左道惑衆、短尺狭度、軽秤小升、以偽雑眞、採取奸利、壓良為賎、謾驀愚人、貪婪無厭、咒詛求直、嗜酒悖乱、骨肉忿争、男不忠良、女不柔順、不和其室、不敬其夫、毎好矜誇、常行妬忌、無行於於妻子、失禮於舅姑、軽慢先靈、違逆上命、作為無益、懐挾外心、自咒咒他、偏憎偏愛、越井越竈跳食跳人、損子堕胎、行多隠僻、晦蝋歌舞、朔旦號怒、対北涕唾、及溺、対竈吟詠、及哭、又以竈火、暁香、穢柴作食、夜起裸露、八節行刑、唾流星、指虹霓、輒指三光、久視日月、春月燎猟、対北惡罵、無故殺亀打蛇、如是等罪、司名随其軽重、奪其紀算、算盡則死、死有余責、乃殃乃子孫、又諸横取人財者、乃計其妻子家口以當之、漸至死喪、則有水火盗賊、遺忘器物、疾病口舌諸事以當妄取之直、又枉殺人者、是易刀兵而相殺也、取非義之財者、譬如漏脯救飢、鴆酒止渇、非不暫飽、死亦及之夫心起於善、善雖未為、而吉神已随之、心起於惡、惡雖未為、而凶神已随之、其有嘗行悪事、後自改悔諸惡莫作、衆善奉行、久久必獲吉慶、所謂転禍為福也、故吉人語善視善行善、一日有三善、三年天必降之福、凶人語惡視惡行一日有三惡、三年天必降之禍、胡不勉而行之。
 
 
上記は江戸期に出された「太上感応篇」を忠実に写したものです。中国の漢字で一部がネットでは表示されませんので、現行の漢字に置き改めた文字も幾つかございます。
 書き出しの「太上曰」は本来「仙経曰」であったもののようですが、敢えて此処では江戸期本を忠実に記してみました。太上感応経は別名「神仙感応経」とも称され云わば道教版の大祓詞に当たるものになる重要なる経文です。神仙に近づくにはこれ以上の物はないとまで云われております。
 神道の考えと異なる点も多々見受けられますが、道教(中国)の考え方の基本を学ぶ上では非常に有用なものです。
 読みを含めて詳細な解説本をオンデマンドにて出版予定ですので、そちらも宜しくお願い致します。


 
前頁に戻る