は じ め に


 現在、社会構造の変化等により日本社会そのものがかなり変容してしまいました。
社会が荒廃していると言っても過言ではありません。
それは日本社会の価値観が「眼に見えるもの」に限定されてしまっているからだと私は思っております。また日本人としての誇りを失い、日本人らしからぬ妄念に生きる方が増えてしまった事も大きな要因だと思っております。
即ち、現代社会は「お金」が全てで、お金儲けに成功した者が「人生に成功した者」となってしまっています。所謂「拝金主義」が横行しているのです。

 しかしお金儲けに成功した人間が果たして人生の成功者なのでしょうか?
例えば昨今はFXやデイトレーダーなど社会的に何も生産せず、社会貢献ゼロの者でもお金を儲ける事が出来ます。
本来、お金とは汗を流して何かを産み出した者に対する代価だと言えましょう。
しかし株の売買などをしてお金を儲けたとしても果たして何を生産したと言えるのでしょうか?
そこには単に目の前のお金と言う「数字」が大きくなって行くだけです。
社会的に何も産み出さずにお金を儲けて、そのお金で消費を繰り返す。そうした行為に一体何の意味があるのか少しでも考えてみて頂きたいと思っております。
確かに消費をすれば経済は潤います。しかしその消費をする為のお金が何の社会貢献もしていないのでは誠に遺憾であるとしか申す事は出来ないと思います。

 またそういった方々の多くはお金儲け自体を人生の目標としている事も問題であろうと思っております。人生とは果たしてお金儲けの為にあるのでありましょうや。
否、それは間違いであると私は思っております。

 本来の日本人の生き方はもっと余裕のあるものでした。隣同士が和気あいあいと暮らす事の出来る社会でした。
それはお金儲けが全てでは無く、社会のため、国の為にも尽力していたからだと思います。
太平洋戦争の敗戦により日本は一時期GHQに占領され、戦前の日本全てが否定されてしまいました。そしてGHQによる思想弾圧が行われ、神道は悪だとの烙印を押されてしまいます。
その影響が今日でも続いており、戦前の日本はアジア諸国を「侵略」した残虐な国だと定義されてしまっております。それは「南京大虐殺」「従軍慰安婦」「731部隊」などの虚言を産み出し、今日の日本は中国や朝鮮半島の国に謝罪と賠償をし続けています。

 そして現代の日本人は天皇陛下への尊崇の気持ちも誠に弱くなってしまっています。現代の日本人が信じられる物は「眼に見えるもの」に限られてしまっています。科学万能社会とも言えるかもしれませんが、科学で証明出来ない事は皆、胡散臭く思われてしまっています。
その結果、天皇陛下も単なる人間であり、神も観念的な存在であるとされてしまっています。
個人主義が蔓延し、社会奉仕の心がとても弱くなってしまっています。
その結果、道徳観が欠如し、虐めや殺伐とした殺人が多くなってしまっています。

 人間形成の過程に於いて、学校教育は大きな要因を占めております。しかし現在の教育システムでは日本古来の道徳を身に付ける事が出来なくなってしまっています。
学校教育にて愛国心を謳う事は禁止され、小学校に於いて古事記などの神話も忘れ去られております。戦前の教育を現代に戻せと言っている訳ではありません。
押しつけの天皇崇拝や徹底した尊皇思想などは復活させるべきではありませんが、道徳や修身の時間は復活させるべきだと思っております。
明治期に発布された「教育勅語」などは現代に於いても色褪せる事無く活かす事が出来る尊い教えを内包しています。こういった戦前の善きものは復活させるべきでありましょう。
そうすることにより人の心の荒廃も防ぐ事が出来、日本社会も明るい方向に戻って行くと思います。
そしてその思想の中心に神道を据える事が出来ればよりよい社会を構築することが出来ると私は思っております。
そうした思いから本当の神道を多くの方に知って頂きたくこのサイトを立ち上げました。
神道には本来の日本人の生き方が示されています。

 また眼に見えない世界の方が重要なのだと言う事も実感出来ると思います。
本当の人間の生き方を突き詰めて行けば自ずと神道に行き着くのだと思っております。

 しかし現在の神社神道の教えは余りにも本来の神道の考えから乖離してしまっています。
尚、「古神道」と言う言葉がありますが、これは近年に作られた造語です。古神道と言う神道は存在しません。
 現今の神職養成機関にしても官僚的な宮司・神主しか産み出す事が出来ません。
それは現代神道が神の実在に就いて正確に教えて居ないからに他なりません。幽冥観が欠如しているのです。幽冥観を学ぼうと思えば平田篤胤や矢野玄道の教えは必須です。しかし篤胤の著書も普通の本屋さんでは殆ど入手出来ず、玄道の著書に及んでは現代訳さえなされておりません。これでは宝の持ち腐れです。
神は観念的なものではなく、身近に実存していると言う肝心な所の欠如が如実に現代神道の過ちを顕しております。誠に嘆かわしい事です。

 このような現況の社会及び神道に一石を投じる事が出来れば存外の喜びでございます。
 本サイトを通じ真の神道に目覚めて頂きたく思っております。

 宜しくお願い申し上げます。
                         
(上記文中に於いて敬称は略させて頂きました) 
平成21年11月吉日 謹記 


 
トップ頁に戻る